高木彬光(たかぎあきみつ)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

高木彬光(たかぎあきみつ)プロフィール

作家

高木 彬光(たかぎ あきみつ、1920年9月25日 - 1995年9月9日)は日本の推理小説作家。戦後の本格推理小説界の巨匠。本名は高木 誠一。青森県青森市生まれ。旧制青森中学校(現青森県立青森高等学校)、第一高等学校 (旧制) 第一高等学校を経て京都大学工学部冶金学科卒。
京大卒業後、中島飛行機に就職したが太平洋戦争終結に伴い職を失う。1947年、骨相師の勧めにより小説を書くことを志し、出来上がった『刺青殺人事件』が江戸川乱歩 乱歩に認められて翌年(1948年)出版の運びとなり、推理作家としてデビュー。
他、代表作に『能面殺人事件』(1949年)、『わが一高時代の犯罪』(1951年)、『人形はなぜ殺される』(1955年)、『成吉思汗の秘密』(1958年)、『白昼の死角』(1960年)、『破戒裁判』(1961年)など。主要作品に登場する探偵は神津恭介(かみづきょうすけ)。そのほか百谷泉一郎弁護士、霧島三郎検事など、魅力的な探偵キャラクターの創造で知られる。易に造詣が深いことでも知られ、易に関する著作もある。「謎の美人易者」として一世を風靡した黄小娥の大ファンであった。手相にも詳しく、昭和56年には角川文庫より「手相占い」が出版された。

高木彬光 たかぎあきみつ の画数・良運

天格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
資産家、商売人として成功し金持ちが多いようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   15 吉   吉
人徳 出世 順調
控え目でおとなしく、思いやり深いです。人を見る目は厳しく、ズバズバと思い切ったことを言いいますが憎めない人のよさがあります。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   17 吉   吉
積極性 地位 財産
芸事の名人で、踊り、楽器、演奏、話術が巧みで、サービス精神が旺盛です。親子関係は争いが多いのに仲良く血族意識が強いです。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   16 大吉   大吉
人望 大成 逆転成功
人からは、落着いて、悩みない人、ロマンチスト、話が大きい人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   31 吉   吉
判断力 円満 社交性
頭の回転、気分切り換え早い。前向きに生活、一族一家のリーダー。重責に耐え頑張り抜く、女性は内助の功、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
高木彬光 の画数・良運
飛田展男 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
中島正博 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
前田浩孝 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
柳田将利 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
野口貴史 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
花村怜美 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
桂木梨江 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

高木彬光

Page Top