井上章一(いのうえしょういち)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

井上章一(いのうえしょういち)プロフィール

国際日本文化研究センター助教授 風俗史

井上 章一(いのうえ しょういち、1955年1月13日-)は京都市生まれの人文学者、評論家。洛星高校、京都大学工学部建築学科卒業。同大学院修士課程修了。
京都大学人文科学研究所助手の後、国立国際日本文化研究センター助教授となり、現在教授。
建築史・意匠論が専門だが、ユニークな視点で広く日本文化について発言している。阪神タイガースのファンとしても知られる。
1986年、『つくられた桂離宮神話』でサントリー学芸賞、『南蛮幻想』で芸術選奨文部大臣賞を受賞。
1978年 京都大学工学部建築学科卒業
1980年 京都大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程修了
1980年4月 京都大学人文科学研究所助手

井上章一 いのうえしょういち の画数・良運

天格   7 吉   吉
強い意志 独立心
名門です。家訓をまもり、男性を中心に栄え、女性は女傑が多いようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
頼まれると嫌と言えず、滅私奉公型で、報われるものが少なくグチが多いようです。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   12 凶   凶
意志薄弱 失敗 病弱
シンが強く、負けず嫌いです。趣味が豊かで、女性は美人でおしゃれ、男性は病弱、弱気です。親との生死別があります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   5 吉   吉
健康 財産 繁栄
人からは、いつもニコニコ、しかし人を見る目が厳しい、損をする人とは付き合わない、というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   19 凶   凶
苦労 挫折 障害
19才までは運動選手として活躍。それ以後男性は気弱、独断専行。女性は職業婦人として活躍、離婚運あり、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
井上章一 の画数・良運
七田祐子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
三井浩二 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
日下淳一 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
中川裕 天格 地格 外格 総格 が同じです
中川順 天格 地格 外格 総格 が同じです
井川遥 天格 地格 外格 総格 が同じです
井口博 天格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

井上章一

Page Top