内藤尚行(ないとうなおゆき)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

内藤尚行(ないとうなおゆき)プロフィール

野球解説者

内藤 尚行(ないとう なおゆき、 1968年7月24日 - )は、愛知県豊川市出身。昭和末期から平成期(1980年代後半-1990年代)のプロ野球選手(投手)。現在は野球解説者、タレント(SKY CORPORATION所属)。
現役時代からの愛称はギャオス。タレントとしての芸名はギャオス内藤。そのキャラクターとリアクションで東京ヤクルトスワローズ ヤクルトの人気者となる。プロに入る前からタレント志向は強かったといわれるが、野球選手としての実力もかなりのものであった。
豊川高等学校から1986年のドラフト会議 ドラフト3位でヤクルトに入団。気迫あふれるピッチングで2年目からリリーフ投手として活躍。1989年には12勝8セーブを挙げた。1990年と1991年には開幕投手を務めた。その後はひじの故障もあり低迷する。

内藤尚行 ないとうなおゆき の画数・良運

天格   22 凶   凶
努力不足 衰退 無力
女傑が出やすく美人の誉れ高い家系です。運の強い女性を迎えて家は栄えてきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   26 凶   凶
波乱万丈 衝突 不安定
人の心の動きや状況変化を的確に把握します。神経質で、頭が良く義理人情厚く閥を作ります。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
気苦労性で、一家の柱となって活躍します。じっとしているのが苦手で、努力家、料理が得意、正義感もあります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   10 凶   凶
多難 大凶
人からは、ギャンブル好き、陽気、気難しい、口が悪い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   36 半吉   半吉
苦労 波乱
頭良くリーダーの地位好む。策におぼれやすく、短慮で信用、社会的地位失う。親切友人多い。孤独な人、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
陰陽配合
姓名のすべての漢字が偶数です。多くの流派でとされています。
内藤尚行 の画数・良運
川瀬邦臣 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
内藤忠行 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
馬場彰 天格 人格 地格 総格 が同じです
藤井素介 天格 地格 総格 が同じです
川瀬忠行 天格 地格 総格 が同じです
朝倉理子 天格 地格 総格 が同じです
田邉朋行 天格 地格 総格 が同じです
[もっと見る...]

内藤尚行

Page Top