南原繁(なんばらしげる)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

南原繁(なんばらしげる)プロフィール

元・東大総長 政治学者

南原 繁(なんばら しげる、1889年(明治22年)9月5日 - 1974年(昭和49年)5月19日)は日本の男性政治学者。東京大学 東京帝国大学の総長を務めた。
香川県大川郡相生村(現在の東かがわ市)出身。
南原の家は、楠を姓とし、製糖を業としていたが、明治期に没落、家名を南原(訓はみなみはら。のち、なんばらとなる)と改め、婿養子を迎えた。しかし、繁の幼少時に最初の婿養子であった実父が出奔、母は2歳の繁を戸主として届け出、二度目の婿養子を迎える。
家庭を助けるために、高等小学校在学中に教員養成所に入所、準教員の資格を得るが、周囲の勧めで香川県立大川中学(現香川県立三本松高等学校)に進学、第一高等学校 (旧制) 第一高等学校を経て、東京帝国大学法科大学政治学科に入学する。入学後、内村鑑三の弟子となり、生涯を通じて無教会主義キリスト教の熱心な信者であった。

南原繁 なんばらしげる の画数・良運

天格   19 凶   凶
苦労 挫折 障害
武将運があり、戦時下で活躍してきました、平和時は、教育者、指導者にむいています。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   26 凶   凶
波乱万丈 衝突 不安定
人の心の動きや状況変化を的確に把握します。神経質で、頭が良く義理人情厚く閥を作ります。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   16 大吉   大吉
人望 大成 逆転成功
自分の理想実現に全力を尽くすタイプです。親や他人に精神、物質両面で惜しみなく援助します。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   10 凶   凶
多難 大凶
人からは、ギャンブル好き、陽気、気難しい、口が悪い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   35 吉   吉
温厚 人望 安定
まじめな努力家、人と争うのが苦手。独自の生活方針を立て、先見性、アイデアの良さでチャンスつかむ。目立たないが頭良い、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
占いの結果をシェアしてみましょう!
南原繁 の画数・良運
美原融 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
長崎慶一 天格 人格 地格 総格 が同じです
香納諒一 天格 地格 外格 総格 が同じです
那須資之 天格 地格 外格 総格 が同じです
小澤美里 天格 地格 外格 総格 が同じです
安蒜豊三 天格 人格 地格 総格 が同じです
土橋信男 天格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

南原繁

Page Top