藤林益三(ふじばやしえきぞう)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

藤林益三(ふじばやしえきぞう)プロフィール

弁護士

藤林 益三(ふじばやし えきぞう、1907年(明治40年)8月26日 - )は京都府五ケ荘村田原(現:日吉町)生まれの弁護士。実家はまゆから糸を採ったり、材木を川で京都に運ぶ仕事。第7代最高裁判所長官。クリスチャン。夫人は明治の文豪、巖谷小波の末娘。1977年(昭和52年)11月3日、勲一等旭日大綬章受章。
父に3歳で死別。郷里の篤志家の援助で、園部尋常高等小、京都三中(現:京都府立山城高等学校)、第三高等学校、東京帝国大学を卒業。
協和銀行、日本興業銀行の顧問弁護士を務める。
1970年(昭和45年)7月31日 最高裁判所判事に就任。
1976年(昭和51年)5月25日 最高裁判所長官に就任。

藤林益三 ふじばやしえきぞう の画数・良運

天格   26 凶   凶
波乱万丈 衝突 不安定
浮沈定まらぬ家運です。危機到来と共に一族は結束し乗り越えてきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   18 吉   吉
信頼性 忍耐 成功
平和主義者で、計画性や、他人との協調性があり、精神物質両面で常に余裕があり、金持ちけんかせずの典型人です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   13 吉   吉
円満 名声 人気
孝心が厚く年長者を助けます。男女とも結婚後、幸福をつかみやすいようです。女性は養子を迎えやすいです。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   21 吉   吉
独立 統率力 名誉
人からは、敵、味方に人を区別し易く閥をつくりたがる、能弁、誠実、信用ある人、というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   39 吉   吉
生命力 大物 成功
動きがさわやか。趣味豊か。義理人情に厚い、人の面倒見良い。短気、せっかち、泣き虫、喜怒哀楽を人前で表わす、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
藤林益三 の画数・良運
藤枝修子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
諏訪利成 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
寒河江誠 天格 地格 外格 総格 が同じです
宮澤佐江 天格 地格 総格 が同じです
藤岡豊 天格 地格 総格 が同じです
鳥居修晃 人格 外格 総格 が同じです
磯村隆文 人格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

藤林益三

Page Top