真鍋勝己(まなべかつみ)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

真鍋勝己(まなべかつみ)プロフィール

プロ野球審判

真鍋 勝己(まなべ かつみ 1968年7月25日 - )は、岡山県倉敷市生まれの元プロ野球選手、セントラル・リーグのプロ野球審判員。
岡山県の強豪関西高等学校から1986年ドラフト6位で阪神タイガースに入団。入団時は投手で背番号は57だったが1987年オフに就任した村山実監督の要請で20に変更する。しかし米国留学を果たしたものの一軍出場に至らず1989年に55に降格。さらに肩を痛めて1991年には外野手に転向するがその年限りで引退。結局一軍出場機会がないまま阪神を退団した。
引退後セントラル・リーグの関西審判部に入局し審判に転向。審判に転向してから出場機会にめぐまれ2005年終了時点で1033試合に出場し、日本シリーズ・オールスターゲームともに2回出場している。ちなみに同期入局は有隅昭二・佐々木昌信だが出場数はその中でトップであり、早い時期から活躍していることがわかる。

真鍋勝己 まなべかつみ の画数・良運

天格   27 半吉   半吉
摩擦 孤立 頭脳明晰
武芸家、知略家としての才があり、闘争心が強く、危機時に能力発揮するようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   29 半吉   半吉
厳格 才能 完全主義
人への思いやりが厚く、誠実で奉仕もよくします。シンが強く機知に富み金儲けもうまいようです。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   15 吉   吉
人徳 出世 順調
親思いで、親から見ると頼りになる人です。親の犠牲となることがあり、自分の子には意外と淡白です。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   13 吉   吉
円満 名声 人気
人からは、人なつこく笑顔が絶えない、頼まれるとイヤと言えないお人好し、誠心誠意を相手に尽くす人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   42 半吉   半吉
器用貧乏 未完成
積極性にやや欠ける。命ぜられると責任もって最後までやりとげ信用は大、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
真鍋勝己 の画数・良運
後藤康夫 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
信藤健仁 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
後藤啓介 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
美藤啓文 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
後藤悠仁 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
春風亭百栄 天格 地格 総格 が同じです
伊藤理佐 人格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

Page Top