三浦修(みうらしゅう)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

三浦修(みうらしゅう)プロフィール

釣り雑誌編集長

三浦 修吾(みうら しゅうご、1875年 - 1920年)は、日本の教育者である。福岡県浮羽郡吉井町 (福岡県) 吉井町若宮出身。
福岡師範を卒業後、東京高等師範に進学し、その英語科を卒業。鹿児島師範を経て、姫路師範に転出。鹿児島師範当時の教え子に、玉川学園を創立した小原国芳がいる。同付属小学校主事となる。姫路師範在職2年で結核に罹り、1915年退職。療養生活の中でも執筆などの活動は継続、上京して成蹊学園の機関誌『新時代』の編集主任を務める。45歳で死去。クリスチャンであった。
『学校教師論』が名著の誉れが高い。戦前の青山師範(現・東京学芸大学)では、教育学の教科書に使われていたという。『修身教授録』の森信三が推奨している。デ・アミーチスの『クオレ』を邦訳し、『愛の学校』として出したことでも知られている。

三浦修 みうらしゅう の画数・良運

天格   13 吉   吉
円満 名声 人気
女系家族で、祖母、母、嫁が実権を握って栄えてきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   20 凶   凶
社交下手 薄幸 別離
自己主張せず凝り性です。一芸に秀でています。孤立、病弱、金銭の苦労がつきまといます。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   10 凶   凶
多難 大凶
趣味や特技への傾倒度大きいです。収集癖があります。親との縁薄く、金銭の苦労が絶えません。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   4 凶   凶
不満 不遇 感情不安定
人からは、信じた人とはトコトンつきあう、裏切られると憎悪が強い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   23 大吉   大吉
成功 名誉 想像力
行動力抜群、先見性鋭く損になることしない。愛にも仕事にも自分にプラスになるものを求める、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
三浦修 の画数・良運
上原晃 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
川島真 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
三浦展 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
川島透 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
三浦剛 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
小島眞 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
小原勉 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

三浦修

Page Top