太田蘭三(おおたらんぞう)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

太田蘭三(おおたらんぞう)プロフィール

作家

太田 蘭三(おおた らんぞう、1929年4月19日-)は日本の小説家。三重県鈴鹿市出身。中央大学法学部卒。
同人誌「新表現」を経て1956年に時代小説でデビュー。長年続けてきた登山と釣りの経験を生かし、1978年に『殺意の三面峡谷』で山岳推理の新境地を開拓。
『釣部渓三郎』シリーズが非常に人気を持っていて、ほかに『顔のない刑事』シリーズ、『北多摩署純情派』シリーズや、映画化された『死に花』など。
日本の小説家 おおた らんそう
『闇の検事』

太田蘭三 おおたらんぞう の画数・良運

天格   9 凶   凶
薄幸 消極的 孤独
頭がよく、教育者、学者が多いようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   24 吉   吉
柔軟性 順調 家庭運
ロマンチストで、控え目でおとなしいようです。まじめで、潔癖性です。自分の夢を大事しています。世話好きだが冷たい所もあります。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   22 凶   凶
努力不足 衰退 無力
美男美女が多く、音楽や芸術の能力を発揮します。料理、ファッションの工夫も一流です。子供にはスパルタ教育をします。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   7 吉   吉
強い意志 独立心
人からは、人の好き嫌いがあり、喜怒哀楽を表に現す、閥を作りやすい、闘争心むきだし、お人好し、涙もろい、オッチョコチョイ
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   31 吉   吉
判断力 円満 社交性
頭の回転、気分切り換え早い。前向きに生活、一族一家のリーダー。重責に耐え頑張り抜く、女性は内助の功、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
占いの結果をシェアしてみましょう!
太田蘭三 の画数・良運
大塚晶文 人格 外格 総格 が同じです
大塚陽介 人格 外格 総格 が同じです
大嶽秀夫 人格 外格 総格 が同じです
大竹聖美 天格 地格 総格 が同じです
石井安憲 天格 地格 総格 が同じです
太田代志朗 天格 地格 総格 が同じです
田中真紀子 天格 地格 総格 が同じです
[もっと見る...]

太田蘭三

Page Top