大滝秀治(おおたきひでじ)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

大滝秀治(おおたきひでじ)プロフィール

俳優

大滝 秀治(おおたき ひでじ、1925年6月6日 - )は、東京都文京区出身の日本の俳優。劇団民藝所属。本名同じだが「大瀧」と表記する場合が多い。名前を「秀治(しゅうじ)」と呼ばれることが多いが、正しくは「秀治(ひでじ)」。日本の演劇界において個性派俳優の頂点に位置する名優のひとりである。
1943年に旧制私立駒込中学校(現・駒込高等学校)を卒業し、三田の電話局に勤務。1945年に通信兵として召集される。戦後は大手町の電話局で連合国軍最高司令官総司令部 進駐軍を担当した。帝国劇場で研究生募集のチラシを見たのがきっかけとなり、1948年に東京民衆芸術劇場附属俳優養成所に1期生で入所し、1950年の民藝創設に参加。1952年には正式に劇団員となり、 アントン・チェーホフ チェーホフの『かもめ』で初舞台を踏む。長年不遇時代が続くが、1970年の舞台『審判』の演技で紀伊國屋演劇賞を受賞。以来、民藝の看板俳優のひとりとして数多くの舞台に出演している。2005年には、『巨匠』『浅草物語』の演技で読売演劇大賞及び最優秀男優賞を受賞した。

大滝秀治 おおたきひでじ の画数・良運

天格   16 大吉   大吉
人望 大成 逆転成功
一代で財をなし没落してゆく運命を繰り返しています。浮沈の激しい家系です。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   20 凶   凶
社交下手 薄幸 別離
自己主張せず凝り性です。一芸に秀でています。孤立、病弱、金銭の苦労がつきまといます。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   15 吉   吉
人徳 出世 順調
親思いで、親から見ると頼りになる人です。親の犠牲となることがあり、自分の子には意外と淡白です。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   11 吉   吉
幸運 富 地位
人からは、いつもニコニコ、社交上手、話術が巧み、友人、親を大切にする、見栄っぱり、金づかい荒い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   31 吉   吉
判断力 円満 社交性
頭の回転、気分切り換え早い。前向きに生活、一族一家のリーダー。重責に耐え頑張り抜く、女性は内助の功、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
大滝秀治 の画数・良運
青沼貴子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
浦西徳一 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
日渡奈那 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
手塚卓志 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
松沼博久 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
松岡陽子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
有原航平 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

大滝秀治

Page Top