荷田春満(かだのあずままろ)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

荷田春満(かだのあずままろ)プロフィール

国学者

荷田春満(かだのあずままろ、寛文9年(1669年) - 元文元年7月2日 (旧暦) 7月2日(1736年8月8日))は、江戸時代中期の国学者・歌人。通称斎宮(いつき)。初名は信盛と称し、のちに東丸。父は伏見稲荷神社(現在の伏見稲荷大社)の社家で御殿預職の羽倉信詮(はくらのぶあき)。母は細川忠興の家臣深尾氏の娘貝子。
古典・日本史を研究して復古神道を提唱。『万葉集』・『古事記』・『日本書紀』の研究の基礎を築き、国学の四大人の一人に数えられた。
著述は、業半ばで倒れたため未定稿のものが多い。主な著書に『万葉集僻案抄』『春葉集』などがある。
弟子に賀茂真淵がいる。養子は荷田在満。

荷田春満 かだのあずままろ の画数・良運

天格   15 吉   吉
人徳 出世 順調
父親を中心にまとまってきました。男性は分家後、能力を発揮し栄えます。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
頼まれると嫌と言えず、滅私奉公型で、報われるものが少なくグチが多いようです。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   21 吉   吉
独立 統率力 名誉
親をしのぐ実力者となり家名をあげます。女性は男勝りで信用も抜群。男性はハッタリも強いが統率力もあります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   22 凶   凶
努力不足 衰退 無力
人からは、目と髪が魅力的、人見知りをする、誠実、義理堅い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   36 半吉   半吉
苦労 波乱
頭良くリーダーの地位好む。策におぼれやすく、短慮で信用、社会的地位失う。親切友人多い。孤独な人、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
荷田春満 の画数・良運
時田則雄 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
柴田美保子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
倉田保雄 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
葉山梨々花 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
郡司紀美子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
岩佐壯四郎 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
柴田南雄 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

荷田春満

Page Top