京極夏彦(きょうごくなつひこ)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

京極夏彦(きょうごくなつひこ)プロフィール

作家

京極 夏彦(きょうごく なつひこ、1963年(昭和38年) - )は日本の作家、妖怪研究家、アートディレクター。世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員、関東水木会会員、東アジア恠異学会会員。「怪談之怪」発起人の一人。北海道出身。
株式会社大沢オフィス所属。公式サイトである「大極宮(たいきょくぐう)」も参照。
1963年(昭和38年) - 北海道に生誕。
1994年(平成6年) - 「姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)」を講談社に持ち込み、デビュー。
1996年(平成8年) - 『鉄鼠の檻(てっそのおり)』が第9回山本周五郎賞候補作品となる。
1996年5月16日(平成8年) - 『魍魎の匣(もうりょうのはこ)』で第49回日本推理作家協会賞(長編部門)を受賞。

京極夏彦 きょうごくなつひこ の画数・良運

天格   20 凶   凶
社交下手 薄幸 別離
サービス奉仕業で成功してきました。働き者の女性を得ると繁栄するようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   22 凶   凶
努力不足 衰退 無力
失敗や貧困を人一倍恥と考え、気位高い性格です。清潔好きで、見栄っぱり、まじめな努力家です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   19 凶   凶
苦労 挫折 障害
体力は有るのですが、結婚後子供運が弱く、金銭のトラブルがあります、スポーツで才能、実力を発揮します。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   17 吉   吉
積極性 地位 財産
人からは、人を見る目が厳しい、自分に好都合の人を選ぶのがうまい、閥を作る人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   39 吉   吉
生命力 大物 成功
動きがさわやか。趣味豊か。義理人情に厚い、人の面倒見良い。短気、せっかち、泣き虫、喜怒哀楽を人前で表わす、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
京極夏彦 の画数・良運
大嶽史記夫 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
的場泰信 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
真島満秀 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
河越高重 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
沖塩荘一郎 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
物集高音 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
京極高宣 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

京極夏彦

Page Top