澄川喜一(すみかわきいち)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

澄川喜一(すみかわきいち)プロフィール

彫塑家

澄川 喜一(すみかわ きいち、1931年 - )は、元東京芸術大学学長で彫刻家。現在島根県芸術文化センター「グラントワ」センター長・石見美術館長に就任。島根県六日市町(現吉賀町)生まれ。
「そりのあるかたち」シリーズで知られる。新制作協会会員。紫綬褒章、紺綬褒章、日本芸術院賞、日本芸術院恩賜賞などを受賞。
「そりとそぎのあるかたち」 1981年 神戸市中央区楠町4・神戸市立中央体育館北側
日本の彫刻家 すみかわきいち

澄川喜一 すみかわきいち の画数・良運

天格   18 吉   吉
信頼性 忍耐 成功
代々、財産家か社会的信用、地位のある名誉職についている人が多く、男性を中心に繁栄してきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   15 吉   吉
人徳 出世 順調
控え目でおとなしく、思いやり深いです。人を見る目は厳しく、ズバズバと思い切ったことを言いいますが憎めない人のよさがあります。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   13 吉   吉
円満 名声 人気
孝心が厚く年長者を助けます。男女とも結婚後、幸福をつかみやすいようです。女性は養子を迎えやすいです。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   16 大吉   大吉
人望 大成 逆転成功
人からは、落着いて、悩みない人、ロマンチスト、話が大きい人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   31 吉   吉
判断力 円満 社交性
頭の回転、気分切り換え早い。前向きに生活、一族一家のリーダー。重責に耐え頑張り抜く、女性は内助の功、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
占いの結果をシェアしてみましょう!
澄川喜一 の画数・良運
福田修子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
新田真子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
細谷佳史 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
権丈善一 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
黒沢幸司 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
園田恵子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
金原左門 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

澄川喜一

Page Top