山川均(やまかわひとし)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

山川均(やまかわひとし)プロフィール

明治・大正・昭和期の社会主義者

山川 均(やまかわ ひとし、1880年12月20日 - 1958年3月23日)は、日本の社会主義者・社会運動家・思想家・評論家。労農派マルクス主義の指導的理論家であった。
岡山県倉敷に生まれる。同志社尋常中学部に学び、新島襄や柏木義円らから影響を受ける。同志社を中退して上京。1900年、守田有秋らの友人と語らって発行していた雑誌『青年の福音』に掲載した皇太子の結婚事情について書いた論説「人生の大惨劇」が不敬罪に問われ、重禁固刑を受ける。これは、不敬罪が適用された最初である。出獄後、いったんは倉敷に戻るが、ふたたび上京。
1906年に堺利彦らの社会党に入党、日刊『平民新聞』にも参加し、社会主義運動に加わった。1908年には赤旗事件で入獄し、獄中で「大逆事件(幸徳秋水事件 幸徳事件)」の報を聞く。出獄後、一時故郷で薬局を開業するも、再三上京し堺の売文社に入社。社会主義冬の時代を評論活動で糊口を凌ぐ。

山川均 やまかわひとし の画数・良運

天格   6 吉   吉
信頼 誠実 努力
頭が良く代々名誉職についてきました。ピンチに強く、男性を中心に繁栄します。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   10 凶   凶
多難 大凶
むら気で凝り性です。配偶者や実子、親との縁薄い傾向です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   7 吉   吉
強い意志 独立心
芸事が得意で、義理人情に厚く、口は悪いが温かい心の持ち主。肉親の絆が強く団結心あります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   4 凶   凶
不満 不遇 感情不安定
人からは、信じた人とはトコトンつきあう、裏切られると憎悪が強い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   13 吉   吉
円満 名声 人気
気苦労多い。じっとしておれない、行動奉仕家、報い少ない、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
陰陽配合
姓名のすべての漢字が奇数です。多くの流派でとされています。
山川均 の画数・良運
小川宏 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
及川佑 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山口宏 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
小川亨 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
三上亨 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
小山良 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
小川良 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

山川均

Page Top