大石慎三郎(おおいししんざぶろう)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

大石慎三郎(おおいししんざぶろう)プロフィール

学習院大教授

大石 慎三郎(おおいし しんざぶろう、1923年9月6日-2004年5月10日 )は愛媛県出身の日本史学者。
東京大学文学部国史学科卒業。専門は日本近世史で、江戸時代が舞台となったNHK大河ドラマの時代考証を数多く担当した。また、いわゆる貧農史観や鎖国などこれまで一般的だった江戸時代のイメージを覆す研究をしたことでも知られている。
高崎短期大学、神奈川大学助教授、学習院大学経済学部教授、史料館長、経済学部長を歴任。
財団法人徳川黎明会林政史研究所長
『享保改革の経済政策』
『日本近世社会の市場構造』
『元禄時代』
『江戸時代』
『江戸転換期の群像』
『虚言申すまじく候』

大石慎三郎 おおいししんざぶろう の画数・良運

天格   8 吉   吉
勤勉 努力 成功
資産家で、同族意識強く、地域社会で活躍してきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   18 吉   吉
信頼性 忍耐 成功
平和主義者で、計画性や、他人との協調性があり、精神物質両面で常に余裕があり、金持ちけんかせずの典型人です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   25 吉   吉
個性 才能 強運
自分の趣味を本業にして成功します。無から有を生じる逆境に強い運を持ち、親孝行だが子供運は弱いようです。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   15 吉   吉
人徳 出世 順調
人からは、社交上手、人の気をそらさぬ話術を持ち、人とまじめに付き合う、一度裏切られると自ら身を引く人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   33 吉   吉
開運 勇気 成功
理想大きい、現実逃避、威圧的、発言、人をバカにしたような癖、頭は切れ、プライド高い、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
陰陽配合
姓名のすべての漢字が奇数です。多くの流派でとされています。
大石慎三郎 の画数・良運
古川潤之助 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
小出義雄 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
天木嘉清 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
大石義雄 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山本舜勝 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
立川談笑 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山田路津子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

大石慎三郎

Page Top