最近の有名人・芸能人 姓名判断 2136

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

最近の有名人・芸能人 姓名判断 2136

阿奈井文彦

阿奈井 文彦(あない ふみひこ、1938年10月19日 - )は、作家。韓国に生まれ、同志社大学を中退。執筆業のほか映画台本等にも携わる。
アホウドリの朝鮮料理入門
アホウドリの女性不案内
アホウドリの行きあたりばったり
喫茶店まで歩いて3分20秒
ベ平連と脱走米兵(文春新書)
アホウドリの韓国ノート
アホウドリの仕事大全
現代事物起源生まれたモノ・消えたモノ
など多数。
日本の小説家 あない ふみひこ

阿刀田高

阿刀田 高(あとうだ たかし、1935年1月13日 - )は、日本の作家。「奇妙な味」の作品で知られる。
新潟県長岡市生まれ。早くに父を亡くし、貧しい母子家庭で苦労して育つ。長岡市立長岡南中学校から新潟県立長岡高等学校を経て東京都立西高等学校に転校。少年時代から科学が好きで、1954年、東京工業大学を受験したが失敗し、早稲田大学第一文学部フランス文学専修に入学。
大学に入学した当時は新聞記者を志望していたが、1955年、結核を病んで休学し、16ヶ月間の療養生活を送る。このため志望変更を余儀なくされ、1960年に大学を卒業した後、文部省図書館職員養成所に入学。1961年から国立国会図書館に司書として勤務。このころ、恩師が出版した日本語関係の小冊子に古今東西の殺し文句に関する随筆を発表したところ、思いがけず朝日新聞の文化欄に取り上げられて喜ぶ。1964年9月、池田書店からの依頼で『ころし文句』(長崎寛との共著)を上梓。引き続き、池田書店から『笑いのころし文句』『ユーモア一日一言』などの随筆集を刊行。1969年、著書『ブラックユーモア入門』(KKベストセラーズ)がベストセラーとなったことに勇気を得て1972年に退職し、筆一本の生活に入る。コント、翻訳、広告文案などを手がける。

阿藤快

阿藤 快(あとう かい、1946年11月14日 - )は、日本の俳優、タレント。旧芸名阿藤 海、本名阿藤 公一(あとう こういち)。
神奈川県小田原市出身。神奈川県立西湘高等学校→東京都立大学法学部1969年卒業。A型。有限会社さいど事務所所属。
「なんだかなー」が口癖。テレビや映画のほか『ぶらり途中下車の旅』の旅人役で知られている。雑誌の取材にてインタビューした姓名判断士の助言により、「海」より「快」に改名。女優「加藤あい」と名前が似ていて、紛らわしいため、『タモリ倶楽部』で『24人の加藤あい』に対して『24人の阿藤海』という企画が作られ、この放送で「海」から「快」に改名した。

渥美東洋

渥美 東洋(あつみ とうよう、1935年 - )は法学者。中央大学名誉教授。京都産業大学法務研究科教授。法学博士。元司法試験考査委員。専門は刑事訴訟法。その著書は「渥美刑訴」として一時代を築いた斯界の権威である。母校である中央大学法学部の他、日本大学法学部などで教鞭をとり、数多くの法曹を世に送り出したほか、中央大学総合政策学部長、警察大学校特別捜査幹部研修所講師などを務めた。
1955年 司法試験合格
1957年 中央大学法学部法律学科卒
1978年 中央大学法学博士号取得
1957年 中央大学法学部助手
1969年 中央大学法学部教授
1993年 中央大学総合政策学部教授
2005年 中央大学総合政策学部 定年退職 中央大学名誉教授

渥美二郎

渥美二郎(あつみじろう、1952年8月15日 - )は演歌歌手。東京都足立区出身。
古くから流しの歌手として活躍し、1976年『可愛いおまえ』でメジャーデビュー。1978年発売の『夢追い酒』が約250万枚の大ヒット。メジャーデビュー以来、ソニーミュージックエンタテインメントに所属していたが、2001年にコロムビアミュージックエンタテインメントに移籍。
夢追い酒(1978.2.25)
忘れてほしい(1979.6.21)
他人酒(1981.1.21)
釜山港へ帰れ(1983.9.1)
『UFO』
『夢追い酒』
『ダンシング・オールナイト』
日本の歌手 あつみしろう
オリコン年間シングルチャート1位獲得アーティスト あつみしろう

渥美清

渥美 清(あつみ きよし、本名:田所 康雄(たどころ やすお)、1928年3月10日 - 1996年8月4日)は、日本の俳優。
東京市下谷区車坂町(現・東京都台東区上野七丁目)出身。
1928年3月10日に上野の車坂に生まれる。父は新聞記者、母は教員であった。
1934年、上野の尋常小学校に入学。1936年、一家で板橋区志村清水町に転居。それに伴い、志村第一尋常小学校へ転入。小学生時代は所謂欠食児童であったとういう。加えて、病弱でもあり小児腎臓炎、小児関節炎、膀胱カタル等の様々な病を患っていた。その為、学校は欠席がちで、3年次と4年次では長期病欠であった。欠席中は、日がな一日ラジオに耳を傾け徳川夢声や落語を聴いて過ごした。戦争の色濃くなる1940年に巣鴨中学校に入学。卒業後は工員として働きながら、一時期テキ屋の手伝いもしていた(親友の谷幹一には、かつて自分は霊岸島桝屋一家に身を寄せていた、と語った事がある)。この幼少期に培った知識が後の「男はつらいよ」シリーズの寅次郎のスタイルを産むきっかけになったといえる。

吾妻ひでお

吾妻 ひでお(あづま ひでお、男性、1950年2月6日 - )は、北海道十勝郡浦幌町宝町出身の漫画家。本名は吾妻 日出夫(あづま ひでお)。
1970年代後半からサイエンス・フィクション SF・ロリータ・コンプレックス ロリコン色の強い不条理ギャグ漫画を描き、1980年代のオタク文化に大きな影響を与えた。
1968年春に高校を卒業、上京して凸版印刷に就職するが、1ヶ月余りで退職。板井れんたろうのアシスタントをつとめながら『少年サンデー』にミニミニマンガなどを描く。
1969年から『まんが王』に読み切り漫画を描く。翌年独立し、徐々に少女漫画誌、青年漫画誌に活動の場を広げる。初期の作品は、ギャグ漫画であるにもかかわらずサイエンス・フィクション SFのエッセンスをちりばめ、アメリカン・ニューシネマの影響も感じさせるという作風で、一部のファンから熱心に支持された。このころ、ページ内の1コマを1コママンガとして完結させるという試みを多く行った。

東直己

東 直己(あずま なおみ 1956年 - )は、北海道札幌市出身の日本の小説家。北海道札幌東高等学校卒業、小樽商科大学中退、北海道大学文学部西洋哲学科中退。大学中退後、土木作業員、ポスター貼り、タウン雑誌編集者など様々な職を転々とした後、1992年、『探偵はバーにいる』で作家デビュー。ススキノ探偵シリーズ、畝原探偵シリーズ、榊原シリーズなど、ハードボイルド小説中心に次々と作品を発表している。2001年、『残光』で第54回日本推理作家協会賞を受賞。
現在も札幌市に在住しており、札幌を舞台にした作品を多く発表している。
探偵はバーにいる(早川書房、1992年)
バーにかかってきた電話(早川書房、1993年)

安土敏

安土敏(あづち さとし、男性、1937年7月12日-)は日本の小説家。本名、荒井伸也(あらい しんや)。東京都出身。
作家デビューを果たした1981年当時、食品スーパーマーケットチェーン「サミットストア(現・サミット (チェーンストア) サミット)」で次長の要職にあった。その後も社長、会長などを歴任する傍ら、小説、コラム、エッセー、評論等を発表してきた。
一説には、「社畜」という言葉を最初に考案した人物だと云われている。
2006年5月現在、オール日本スーパーマーケット協会(AJS)会長、日本チェーンストア協会特別顧問。
1937年 - 東京都に生まれる。
1960年 - 東京大学法学部を卒業、住友商事へ入社。

Page Top